こうしてKANADEは生まれました

 

スクール代表のoyakataは、演奏活動をする中で、たくさんの人から、ピアノの弾き方に関する質問をうけました。

 

「どうしたら、そういう風に自由にたのしくピアノを弾けるのですか?」

 

その理由をひとつお話すると、幼少の頃oyakataは、少しまわりとちがうピアノの先生にレッスンをうけていたからです。

 

「出来ないことを叱らない」

 

「好奇心を刺激してくれる」

 

すばらしい先生で、音符を読み間違えて練習してきた、通常なら叱る場面で、

「作曲の才能がある」と逆にほめてくれました。

 

「練習はきびしく、つらい」という昭和のピアノ教育の中で、それはほんとうに稀有な経験です。

 

 

Pay it forward!と   ウォルトディズニー

 

oyakataの好きな言葉は、「Pay it forward!」(ペイ フォーワード)日本語に訳すと

「親切にされたら次の人へまわせ」です。

 

そのピアノの先生への感謝を何かのかたちで

あらわしたいと思い、KANADEをスタートしました。

それがいちばんの恩返しになると思ったからです。

 

さらにもうひとつ、KANADEの設立に影響をあたえたのは、彼が21歳のときに演奏の仕事で毎日通ったディズニーランドです。

ゲストはもとより、従業員ひとりひとりが、笑顔にみちあふれている環境。

このウォルト・ディズニーのつくった、人に夢をあたえるというスピリットとホスピタリティの素晴らしさも人に伝えたいと思いました。

 

 

2008年スタート

 

そして2008年KANADEは誕生。

そしてその中で、いちばん大切にしているのは、毎年の発表会イベント。

なぜなら通常のレッスンは、音楽の設計図のおはなし。

発表会など、人前での演奏は、その設計図にいのちを吹き込む作業。植物でいうと、芽がでる瞬間だからです。

講師として、これほどわくわくすることはありません。

 

まずは2010年にスタートした「SONGS&FINGERS」ピアノと歌とおしゃべりのピアノイベントです。

 

ピアノイベント集合写真

 

この時は7名の出演者。お客さまも、まばら。

そして何より全員、無事に演奏は終えたものの極度の緊張。


しかし回をかさねるうちに出演者一同、技術もメンタルも成長し、さらにお客様も増え、

なんと今では立ち見が出るほどの盛況イベントに成長。

 

ピアノイベント演奏写真
ピアノイベント受付写真
ピアノイベント楽屋写真

 

2014年にはあらたにヒーリングピアノイベント「Hearts」をスタート。

 

出演者全員、自作のピアノ曲という珍しい演奏会。

本番では、曲にこめた思いや、音楽に対する情熱を各々語りました。

 

「亡くなった母への想い」

 

「音大に進学できなかった挫折」など、

 

この日は、会場中、お客さまももらい泣き。

演奏がおわるとたくさんのあたたかな拍手が沸き起こりました。

 

 

ピアノイベント集合写真

 

 

 それぞれの音楽の背景には、人がいて、ストーリーがあります。

そんな物語を発信できるお手伝いができることをKANADEは誇りに思います。

 

これからも、人との出会い、音楽との出会いがたくさんあることをチーム一同、わくわくしています。

ぜひ、一緒に音楽を楽しみましょう!

 

ピアノイベント 集合写真
ピアノイベント 集合写真